ホーム > お知らせ

お知らせ

2016年11月 6日 17:39

☆新着☆ 合格体験レポート vol.144 《恵庭市消防職員》

先週の合格報告から早々にレポートをいただきました。

さっそくご紹介いたします☆☆



 恵庭市消防職員 2017年4月1日採用内定

 ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ *  ・ * ・ *                    

札幌市・国家一般職高卒・税務・道職員B・警察官B等 併願コース 全日クラス修了生

島 陸 くん (北海道体育専門学校卒業)


私は専門学校を卒業後、一度は民間の企業に就職したものの、ふとしたきっかけで

消防官を目指すことを決め、前職を退職しました。 

元々勉強をする習慣の無かった私にとって、アルバイトをしながら独学で合格を目指す

ことはとても厳しいことでした。そこで予備校を探すで出会ったのが、札幌公務員受験

学院でした。

この学院に決めた理由は「少人数制」で一人一人しっかりと向き合っていただけると感

じたからです。そして何より、受験に対して何の知識も無く不安になっていた私に「大丈

夫です。一緒に張りましょう!」 という言葉をかけてくださったことが、この学校なら最後

まで諦めないで頑張れると感じました。


とは言ったものの入校して数ヵ月は何の教科を優先すればよいのか、得意と苦手な教科

の差がありすぎるなど、最悪なスタートだったのを覚えています。

数的推理に関しては問題を見るのもイヤなくらい苦手だっただめ「もう他の教科でカバー

しよう」という気持ちも少なからずありましたが、佐藤先生の親切熱心でわかりやすい

ご指導のお陰もあり本番では全て解くことができました。


更に苦手意識があった面接に関しても、何もかも完璧にスラスラ答えようとする事を目指

していた私に、「格好いい言葉で自分を作らなくてもいいから、持ち前の明るさで元気に

いきなさい」などパワフルなご指導のお陰で、自分にあった練習方法を見つけることが

できました。結果的に、本番の面接試験では練習以上の力を発揮することができました。


学院で過ごす中では、同じクラスのメンバーが必死に勉強している姿を見て自分への

刺激に繋がりましたし、寺林さんや能正先生の優しさに何度も救われました。

この学院に決めて本当に良かったです。


最後に、公務員試験の勉強をしている中で思うような結果が出ない、毎日の勉強が辛く

なってくる、などという状況も起きてしまうかもしれませんが、最後の最後まで絶対に諦め

ないでください。 これから受験する皆さんの合格を願っています。

堤先生、高橋先生、佐藤先生、能正先生、寺林さん、言葉では言い表せない程、感謝の

気持ちでいっぱいです!! 本当にありがとうございました!!!





2016年9月26日 18:45

☆新着☆ 合格体験レポート vol.143 《北海道行政職員 一般行政A》

 

昨日9/25(日)実施の札幌市高校、短大、社会人区分を受験された学院生の皆様は

大変お疲れさまでした。 9月試験も一通り区切りがつき、これからは本格的な面接

準備に入ります。 入校後に提出いただいた面接カードは再度推敲し、随時先生たち

添削、面談を受けてください。 

また、10月試験も受験される方々は引き続き頑張りましょう!

 

さて、本日も2016大卒コース生の新着体験談をご紹介いたします♫

 


 北海道行政職員 一般行政A 2016年10月1日採用内定

 ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ *  ・ * ・ *                    

札幌市・国家一般職大卒等 併願コース 全日クラス修了生

S. Y くん (北海学園大学卒業)

 

他合格先(1次含む): 札幌市大学の部、 国家一般職大卒、裁判所一般職大卒
国立大学法人等職員、北海道警察A区分、小樽市上級事務

 

私が公務員試験受験のために前職を退職したのは26歳になったばかりの頃、新卒

から勤めた会社で3年半を過ごした時でした。 社会人として数年働く中で仕事につい

ての考え方も次第に固まっていき、本当に自分のやりたい事は何か、続けていきたい

仕事は何かと考えた末の決断でした。

もちろんすんなりと行動に移せた訳ではなく、周囲からの反対や自分自身の恐怖や

不安で中々足が踏み出せないまま悶々とした日々を過ごしていました。

しかしこの学院に訪問して寺林さんとお話をする中で、高齢受験は問題にならない事

やとにかく努力すれば誰にでも合格できる試験である事、そして「あなたなら必ず合格

できる」という力強い言葉を頂き、ここでなら合格に向けて自分をよく見てくれると思う

と同時に、試験への挑戦を決意するきっかけとなりました。

 

私は10月から講義に参加したため主要な試験が始まる5月までは半年の期間しかなく

初めは焦りと不安に突き動かされながら勉強をしているような状態でしたが、堤先生の

「息切れしないように長く走りきる事が重要」、「最後まで諦めない者が合格を得る」 とい

う言葉を大事にして自分を落ち着かせていました。

そして学院ではとにかく分からない事を残さないように講義に取り組み、家に帰ってから

は理解した内容を身につくまで問題を反復し、休日は勉強時間を短縮してしっかりと休む

というサイクルが定着するようになりました。


数的処理や理系分野などの苦手科目についてはなかなか勉強の成果が上がらず途中で

投げ出してしまいたい気持ちにも駆られましたが、佐藤先生が少しずつステップアップでき

るよう工夫したプリントなどを活用し、とにかく毎日その科目に触れるように心がけていく事

で徐々に点数を伸ばせるようになっていきました。また学生時代には興味のなかった科目

についても新しい発見を見出す事ができ、勉強の楽しさを再発見できたようにも感じました。


そして私が最も苦手意識を抱いていた面接対策については堤先生、佐藤先生とじっくりと話

をした上で、自分の魅力を押し出すための方針を決めて常に実戦形式の練習を繰り返す事

で場慣れをしていくと同時に自分のアピールしたい事や考えをまとめていく事ができました。

そのように過ごす内に瞬く間に半年が過ぎて5月からの試験に挑みましたが、初年度はいず

れの官庁・公共団体からの内定も得る事はできませんでした。

それからしばらくは「どうせ自分なんて」という拗ねた気分のまま何も手につかないような日々

が続きましたが、そんな中でも堤先生をはじめとした学院の皆さんは見捨てることなく、しっか

りと話を聞いて下さり、また次年度に向けて私を叱咤激励してくれました。

そのような先生方の温かい応援で私は再度奮起する事ができ、前年度の反省点などを見直

していく事で2年目は無事に志望自治体の内定を得る事ができました。

 

このように私の公務員試験への挑戦は決して順風満帆とはいきませんでしたが、遠回りした

分だけ自らの人生についてより深く考える事ができ、最終的にはより満足のいく結果になった

ように感じています。 この結果はこの学院だからこそ得られたものであると思っています。

堤先生をはじめ佐藤先生、高橋先生、能正先生、寺林さん、そして共に勉強していた学院生

の皆さん、本当にお世話になりました! これからは公務員として、今の気持ちを忘れずに

働いていきたいと思っています。

 

そしてこれから試験に挑もうとする皆さん、きっと大変な事も、思い通りにいかない事も多々あ

るかと思います。 そんな時は学院の皆さんに相談してみて下さい。 先生方も仲間達も合格

に向けて全力で協力してくれるはずです。 皆さんが夢を叶えられますよう、心よりお祈りして

おります。

 

 

2016年9月16日 19:56

☆新着☆ 合格体験レポート vol.142 《国家一般職大卒 入国管理局》


本日発表の広島市大卒事務に最終合格されたUくん、おめでとうございます!!

そして国立大学職員1次試験に合格された学院生の皆さまもおおめでとうございます!


さっそく今週届いた合格体験談をご紹介いたします^^


明日あさっては本試験日。 9/17(土)の小樽市職員、9/18(日)の道警、市町村職員、刑務官等

1次試験での学生皆さまのご健闘をお祈りしています



 国家一般職大卒  行政北海道 入国管理局  2016年10月1日採用内定

 ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ *  ・ * ・ *                    

札幌市・国家一般職大卒等 併願コース 全日クラス修了生

吉本 裕 くん (岩手大学大学院卒業)

他合格先(1次含む): 裁判所一般職大卒、北海道職員A一般行政、横浜大卒事務、北海道警察官A


私が公務員試験を受験しようとしたきっかけは、当時働いていた職場で将来への不安や

本当にやりがいを持って働き続けることができるかということに悩んでいたことに起因します。

29歳での受験はほとんどの公務員試験を受けられるギリギリの年齢であるため不安もあり

ましたが、今やらないと将来絶対に後悔するだろうし、これが受験できる最後のチャンスなの

だと考え受験を決断しました。


試験勉強は12月からという遅いスタートでしたので、公務員予備校に通おうと決めていました。

の中で私の相談に迅速に対応してくれた札幌公務員受験学院に入学し勉強を始めました。

入学前の面談で、高齢受験の不安を抱える私に対して寺林さんが 「今が公務員になろうと思っ

たタイミングだから今から頑張れいい」 とおっしゃってくれたことがとても心強かったです。


主要な一次試験は5~6月に集中しているため、半年の準備期間しかありませんでしたが

堤先生や佐藤先生から経済から勉強するようにというアドバイスを頂き、なるべく効率的な

勉強を心がけました。

しかし、机に向かって勉強するのは久々でしたので、勉強するという感覚が非常に鈍っており

自分がやりたい勉強量と自分ができる勉強量のギャップが非常に大きくなっていました。

自分の処理能力をしっかりと理解して、焦らずゆっくりと確実に勉強のペースをつかむことが

大切だと感じました。

法律など苦手な分野もありましたが、佐藤先生の「最後まで諦めない人が最終的に合格をつか

めるよ」という言葉を励みになんとか諦めずに頑張りました。


面接は苦手でしたが、堤先生や佐藤先生が指導してくださり、なんとか形になったと思います。

感覚としては面接はやればやるほど慣れてきます。 慣れると落ち着いて話せますが、同時に

緊張感がなくなってしまいます。その辺のバランスを本命試験の前に調整できるといいのかなと

思います。

また、受講生同士で練習を繰り返すことで、客観的に面接をとらえることができたので、とても

参考になりました。


私が予備校に通学してよかったなと思うことは、仲間ができたこと、受験の際の不安をすぐに

解消できたこと、規則正しい生活ができたことの3つです。

1つ目は、受講生は目標が同じなので、勉強について話し合ったり、将来の目標を語り合うこと

でモチベーションを高めあうことができました。

2つ目は、勉強のわからないことや公務員の仕事内容や公務員ごとの違いについて経験豊富な

先生達が適切なアドバイスをしてくれるので疑問や不安を早く解消することができました。

また、しっかりと授業に参加することで規則正しい生活を送ることができ、勉強の効率も良くなっ

たと思います。


これから公務員試験を受験する方へ伝えたいことは、受験する際には、自分の可能性を広げて

欲しいということです。

私は年齢的に最後の受験ということもあって、日程が許す限り受けられる試験は全て受け、その

中から内定を頂くことができました。


堤先生も「就職先は導かれるように決まる」とおっしゃっていました。 

今はその言葉の意味が分かる気がします。 

これから公務員試験を受験される皆さまにおいては、自分の可能性を信じて選択肢を広げて

その中で内定が得らることを心より祈っています。

 

最後に、いつも明るく励ましてくれた堤先生をはじめとする学院の皆様、公務員試験受験に向け

て一緒に努力した受講生の仲間たちには、ありったけの感謝を述べさせていただきたいと

思います。 本当にお世話になりました!





2016年9月 4日 17:15

☆新着☆ 合格体験レポート vol.141 《札幌市大学の部》 ~2016大卒コース生の皆さん 合格おめでとうございます!

 

2016年度 5月6月大卒程度試験に最終合格・内定を勝ち取った学院生の皆さん

本当におめでとうございます!

 

札幌市大学の部、裁判所一般職大卒、財務専門官、国家一般職大卒

北海道職員A区分、北海道警察官等、今年度も各試験で数々の合格者が輩出されました。

 

7月実施の石狩市、北広島市等、1次合格の方は2次試験に向けて、

また、9月実施の小樽市、江別市ほか各市町村、道職員A区分 第2回を受験される

方々は引き続き、最後までベストを尽くしましょう!

 

今回は、先月早々に届いた合格体験レポートをご紹介します☆

 

9月試験本番を控えた高校・短大卒、社会人区分を受験の学院生の皆様も

先輩達から鋭気をもらい頑張ってください!!

 

 ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ *  ・ * ・ *                    

札幌市・国家一般職大卒等 併願コース 全日クラス修了生

杉山 久美子 さん (北翔大学卒業)

 

最終合格先 :  札幌市大学の部 行政コース 一般事務、

                  裁判所一般職大卒、 国家一般職大卒

          北海道行政職員 一般行政A(第1回)

 

私は27歳の時に公務員を目指すべく前職を退職しました。

家族や上司には「なぜ受かるかどうかもわからないのにわざわざ茨の道に進むのか」

反対もされましたが、生涯尽くしていく仕事を決めるうえで後悔はしたくないと思い

決意をしました。 

とは言っても私は大学の受験勉強もしていませんでしたし、大学時代もほぼ勉強をせず

過ごしていたので学力面がとても不安でした。

 

この学院に決めたのは対応してくださった寺林さんがその不安を取り除いてくれたから

です。 私の学歴や年齢、第1志望先を話してもなお「杉山さんなら絶対受かる!」と

自信を持って言ってくださったのはこの予備校だけでした。

 

いざ勉強をする生活が始まると自分の記憶力のなさや頭の回転の遅さにげんなりする

こともよくありましたが、授業を聞くのはとても楽しく、大人になっても学び続けることの

大切さを実感しました。

学習面で心がけていたことは勉強をしない日を作らないことです。

やる気がないときにはベッドの上で授業の動画を見たりなど毎日なにかしら勉強との接

を作ることで自分は受験生であるという自覚を忘れないようにしていました。

 

もう1つはわからない事があった時には、納得いくまで先生に聞いて不安を解消すること

です。 勉強の知識は勿論ですが勉強方法や気持ちの持ちようなど不安を感じたときに

相談をしていました。 自分なりに解決していくことも大切ですが、先生方は今まで沢山の

生徒さんたちを合格に導いてきたプロなので素直に言うことを聞くことが合格への近道

だと考えたからです。

 

面接対策は自分の今までの歩みや公務員を目指すにあたっての決意などを何度も

思い返すようにしていました。 そのうえで人前で自分なりの言葉で話せるよう面接練習を

行っていました。 自分では気付かなかったアピールポイントなどを先生方に引き出して

いただいて本当に感謝しています。

また、受講生同士で面接練習を行ったり、辛いときには励ましあったりしたこともとても

良い思い出です。 少人数制のアットホームな予備校だったからこそ出来た思い出だと

思います。 他の受講生のひたむきな姿勢や激励は原動力に繋がりました。

 

合格に至るまでには先生方や家族、友人など様々な人たちの支えがありました。

 

寺林さんの笑顔にはいつも癒されていました。 ちょっとしたことでも気にかけてくださって

そして私をこの予備校に迎え入れてくださってありがとうござました。

佐藤先生、私のくだらない話や愚痴を根気強く聞いてくださってありがとうございます。

佐藤先生の優しさやご配慮にはいつも心が洗われました。

能正先生の授業はとても楽しく、暗記科目への苦手意識が薄れました。

高橋先生には裁判所の対策で本当にお世話になりました。 高橋先生のアドバイスなし

合格できなかったと思います。

そして堤先生、最後の最後までありがとうございました。 いつも生命力をもらっていました。

心から感謝しています。 いつまでもお元気でいてください!

感謝の想いを形にするためにも必ず公務員として社会の役に立っていく人間になります!

 

これを読んでいる方は現在公務員を目指している方、目指そうかどうか悩んでいる方・・

さまざまだと思います。 決断の連続で本当に自分の選択が正しかったのかどうか

不安になったりすることもあるかもしれません。

ですがどれを選択するかより、選択した後の自分の行動がどうなのかが大事だと公務員

受験をする中で感じました。 皆様のご健闘をお祈りしています。

 

 

 

2016年1月26日 11:37

☆新着☆ 合格体験レポート Vol.139 《室蘭市消防》

 

2016年4月採用、念願の消防職合格を勝ち取った体験レポートをご紹介します☆

 

Tくん、プレ講座からの受講を含め約1年間、本当にお疲れさまでした。

新たなステージでこれからもますます頑張ってください!!

 

 

室蘭市消防  2016年4月1日採用内定
・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ *                    

札幌市・道職員B・国家一般職高卒・警官B等 併願コース  プレ講座+全日クラス

K. T くん (北海道ハイテクノロジー専門学校卒業)

 

私は専門学校で3年間学び、救急の資格を取得しましたが、現役で消防本部への

就職を勝ち取ることができませんでしが。

就職浪人を決意し、独学での勉強も考えましたが、筆記試験を突破することが課題

であった私は、公務員予備校に通うことを考えました。

 

この学院を選らんだ決め手は、少人数制であることと、生講義を欠席したときや、もう

一度受けたい授業があったときにはYouTubeで何度でも授業を視聴できるという

ところです。 

両親から、今年合格できなかったら、消防への道は諦めるように言われていたため、

もうあとがない、という気持ちと不安な気持ちでいっぱいでしたが、がむしゃらに勉強に

取り組みました。

 

授業はとてもわかりやすく、丁寧な講義で本当に助かりました。

また、数的推理、判断推理がとても苦手だった私は、帰宅後や休日にYouTubeで

授業の見直しを何度も繰り返し、問題の解き方のコツや流れなど理解を深めて

いきました。 物理や化学などの自然科学の分野も苦手意識が強く、独学では厳しい

ものでしたが、佐藤先生の講義を必至に聞いて、少しでも自分のものにしようと努力

した結果、本番の試験で得点を稼ぐことができました。

 

私は校内模試の点数がいつも悪く、思うように結果が出ないことにとても苦しみ

ましたが、それでも地道に、解けなかった問題や理解が不十分な部分をノートに

まとめて、JR通学の移動中に何度も目を通しました。 

このことが少しずつでも知識を増やすことにつながったのではないかと思います。

 

専門学校での国家試験に向けた勉強、そして今回の公務員受験の浪人生活と、

2年連続で勉強漬けの日々を過ごし、本当に大変でしたが、今ようやく自分が

やりたかった仕事に就く目標が叶い、喜びでいっぱいです。

こうした結果が得られたのも家族や友人、そして学院の皆様のサポートのお蔭です。

本当にありがとうございました。

これから挑戦する方も、困難に負けずに、自分の目標を貫いて頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11