ホーム > お知らせ > ☆新着☆ 合格体験レポート vol.172 《財務専門官編》

お知らせ

2020年11月21日 17:00

☆新着☆ 合格体験レポート vol.172 《財務専門官編》

 

本日の体験レポートは人気職種の財務専門官編をご紹介します!

今年度、学院生から3名の内定者が輩出されました☆☆☆

予ねてからの第一志望へ見事合格!

我々も自分のことのように喜んでおります。

 

来春からまた新たなステージでのご活躍を、楽しみにしております!

 

 

財務専門官 北海道財務局  2021年4月採用   

・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・* ・

札幌市・国家一般職大卒等 併願 1.5ヵ年コース

全日クラス修了

K. T さん (大阪府立大学卒業)

 

私は道内で働きたく、2017年度の財務専門官・札幌市の合格を大学生協の

公務員講座で計画していました。しかし、財務・国家一般・札幌市は筆記落ち

で、筆記が通ったのは江別市・帯広市・旭川市だけだった上、結局それらにも

面接で落ち、民間への就活に切り替えました。当時大阪の大学生だったので

札幌での就活も卒論の執筆・ゼミの時間や、資金面において制約があり

不本意ながら大阪に帰り就活をしました。

10年くらい民間で働いて社会人枠試験で札幌市等に入れればいいやと

当時は見通しを甘く持っていました。

しかし、いざ民間に入っても不本意さが払拭できず、労働環境への不満も

募り、どうしても道内で働きたいという思いを抑えきれず1年で退職を決意

しました。

 

学院との最初の接点が、現役時の国家一般職試験を北大で受験した際に

もらった直前時事対策のビラでした。学院は面接対策が他の予備校とは

差別化されているように感じました。

私にとって以前の悔しい思いは面接によるものだと特に感じたので、予備校

選びでは、あまり迷うこともなく学院に申し込みました。

受験年齢の縛りや無職から確実に脱したいことを鑑み、2020年度の公務員

試験受験に向けて2019年4月から1.5ヶ年計画で臨みました。

当初から私の第一志望は財務専門官でした。

 

大学受験まではバリバリ理系ながら、大学では哲学を専攻していたので、

教養試験について判断推理以外は練習すればある程度のレベルにまで

持っていけました。ただ、理系のバックグラウンドを持っている人が公務員

試験に臨む際に感じるあるあるかもしれませんが、判断推理は理系ほど

点数が取りにくいのでは?と感じます。

教養分野20問のうち8問が判断推理です。そこで満点を狙える地頭の良い

人はそもそも問題無いですが、私のような高校までは数学はちょっとできる

ほうだったのに判断推理だけは練習しても取れるようにならないと落ち込ん

でいる方は、半分前後は固く取れるようにすれば大丈夫です。

但し、その代償として数的推理は5問中3~4点は固く取れることが理想です。

いずれにしろ、難易度により状況は変わります。

判断推理・数的推理のいずれもパターンがあるので、それを身に付けること

から始めましょう。

 

堤先生、水嶋先生もよく仰られますが、公務員試験は満点を取る試験では

ないです。 教養・専門のいずれでも言えることですが、自分の得意分野で

ブーストをかけ、それ以外はそこそこ取れていればいけます。

大学受験での知識が意外とモノを言うので、大学受験にあまり力を入れて

なかった人はここで頑張ると良いかと思います。やるほど点数で返ってくる

ので、伸びるまであきらめないで機械的に解くことが必要です。

 

専門科目の中では経済学が以前から一番得意で、法律は平均前後をウロ

ウロする感じで、調子が良ければ法律で8割は取れました(バラツキかなり有)。

ただ、2020年度は私にとって魔の年度でした。財務・札幌市での経済学は

学部で学んでいない者にとっては相当難しく感じました。そのため、経済で

取れる所だけとっておきつつ、法律も安全運転することが求められました。

ここから言えるのは、得意科目で普段の校内模試や過去問でイケイケ、

むしろ煽り運転気味な科目があっても、本番でもそう振る舞えるとは限らない

点です。 慢心ほどダメなものはないです。

試験前日夜にぐっすり眠れない事態も起こり得ます。

 

財政学・政治学・経営学などのいわゆる「学術系科目」は、財務・国家一般・

札幌市を受験予定の方は財政学・政治学・経営学をメインに、社会学・行政学

はサブでやっていくといいです。

政治学経営学社会学行政学は被るところがあり、経済学にも一部つながって

いるので、相乗効果を考えると前者3つはメインでやるとよいです。

財政学は経済学・時事とかなり相乗効果があり、これもかなりお得です。

財務・国家一般・札幌市は特にそうなのですが、この科目だとわからないけど

あの科目ならわかる問題が多い、ということが多々あります。

つまり、分野間で難易度が異なることがよくあります。 なので、本番で使える

科目は多いほどリスクヘッジの観点では良いのですが、そのレベルまで持って

いくための時間の制約もあります。その辺は自分の得意分野・勉強に充てられ

る制限時間などの要素が絡むので、先生方と相談しつつやると良いです。

 

財務の専門記述は一番得意な経済学を選択しました。

本番で出題されたテーマは一度は過去問で解いたものの、どうせ過去問にも

あるようなテーマだから奥深くまでやらなくてもヨシ!としていました。

結果、専門記述だけは足切りスレスレで、アキレス腱だけでかろうじてつながっ

いる状態でした。 財務の最終合格をしていたとはいえ結果通知書を見て

こればかりはゾッとしました。

なので、何度も言いますが財務は特に慢心はしないで下さい。

知識が一通り入っていればまずは書いてみることから始め、試験1ヵ月前には

ある程度書くことができていると自信がつくと思います。

知識は普段のスー過去から輸入するくらいで足りますが、ハイレベルなテーマ

になるとスー過去に載っていないものも出ました。

その点は先生に相談しましょう。

 

自習室では、法律の女神と経営研究家の学院生達と互いの得意分野を

補完的に教え合い、財務・国家一般対策をしていました。教えることで、

専門記述に必要な知識も半自動的に自分にもインプットされるので、自習室

で切磋琢磨できたのは少人数制だからこそかもしれません。

また、2020年度は某感染症により試験が延期され、勉強時間が増えたものの

試験時期が先行き不明な中、自習室で週3回ほどの過去問解き大会をやる

ことでモチベーションの維持も図れました。

 

かつて面接がズタボロで終わり、コミュニケーションを普段活発に取ったりは

しないような私がこの企業に最も期待していたポイントが面接対策です。

どのような性格タイプであっても内定につながる決め手は、何故その志望先を

選んだかという「熱意を見せること」が一番重要です。

堤先生もその点を一番強調しますし、財務・国家一般の人事院面接・官庁訪問

でも私はそう感じました。

私の反省なのですが、財務局の職場訪問で最後にお会いした偉い方と直感での

相性があまり良くはなく、話すタイミングがイマイチわかりづらい雰囲気でした。

しかしそれは、後々になって考えてみれば、面接する側はそうした雰囲気を

あえて作り、受験生はその状況でもいかに対応するか、どう熱意を見せるかが

見られている、というアピールポイントに他なりません。

筆記に受かった人材というのはこんな中身なんです!と自信を持って面接官に

さらけ出してください。

キーワードは熱意と自信です。

面接カードは堤先生に自分が納得がいくまで何回も見てもらいまくるといいです。

ビシバシ指導されます。それが頼もしかったです。

 

2017年からの第一志望だった財務専門官の内定を3年越しでやっと頂いた今、

思うことは、今までやってきたことに意味がないことは何一つ無いということです。

就活に失敗した、前職を短期間で辞めた、留年した、その他諸々によりありの

ままの自分に自信が持てない等、そうした負い目に感じることも見方を変えて

しまえばただの通過点であって、そこに戻る必要はどこにも無いです。

物事に意味を見出すような抽象的な行為は生物の中で人間が唯一できる

アイデンティティの一つですが、ときには意味を見出すことに囚われてしまって

物事が見えなくなることもありました。

 

面接カードの添削をして頂いている中、堤先生にそうした物事へのビジョンの

相談に乗って頂いたりもしました。すぐには答えが見えなくて、先生はどうして

こんな苦い薬のような言葉を?と思ったりもしましたが、そういうものは時間が

経つと解釈でき、面接のときには自分の中に落とし込んで軌道修正ができた

ことがよくありました。 堤先生の見識の深さには恐れ入りました。

 

年間授業料からみて、私にはお値段以上の価値があったと言えます。

面接は苦手だけどどうしても公務員として地域・国のために働きたい!

という熱意のある方は一度事務局に予約をして相談に行くとよいです。

事務の寺林さんに懇切丁寧に対応して頂けます。「善は急げ」です。

早く対策するに越したことはありません。

 

以上、長くなってしまいましたが、私の長い体験記をお読みになられている方

が次にこうして長い合格体験記を綴れるよう祈願しております。

財務局にて次なる学院生をお待ちしております。