ホーム > 体験談 > 高校・短大卒程度 体験談

体験談

本学院合格者からの体験レポートをいくつかご紹介します。
次はあなたの番です。私たちと一緒に合格を勝ち取りましょう!
Congratulation! you'll have gotten next!!

採用内定先 国家一般職高卒 北海道開発局
他合格先 北海道行政職員 一般行政B、岩見沢市職員
氏名 R. J さん
出身校・学年 札幌西陵高校3年
講座 札幌市・国家一般職高卒・税務・道職B・警官B等 併願コース プレ講座+夜間クラス

私は高校2年の9月頃から札幌公務員受験学院に通い始めました。

昔から公務員である父への憧れがあり、 私も将来は公務員になりたいという気持ちは

あったのですが、面倒くさがり屋な私はなかなか勉強を始めることがきず、このままでは

まずいと思い予備校を探し始めました。

幾つかの予備校を調べたのですが少人数制授業や個別指導、万が一不合格のときは

来年も講義を受けれる合格保証制度に魅力を感じ、この札幌公務員受験学院に入校

しました。


家での勉強を怠けてしまう癖が付いていた私は、講義が始まってからも講義では集中し

しっかりと内容を覚えようとするものの、家では全くと言っていいほど勉強をしていません

でした。

そこで私が利用し始めたのが自習室です。自習室は集中しやすい環境が整っていた上に

ほかの学院生の方が勉強している姿も見ることができたので 「私ももっと頑張らないと」

と刺激を受けることもできました。


1次試験を合格した後の面接練習では、 全体練習の他に個別での面接指導もして頂きま

した。私は元々緊張しやすかった上に人前で話すことが苦手だったのですが、 全体練習で

はほかの学院生の方々の前で練習することが出来たため 人前で話す緊張感にも慣れる

ことができました。

その経験が役立って、実際の面接で複数人の面接官に対して堂々とリラックスして自分の

言いたい事を伝えることができたと思ってい ます。

また、自分が面接官役になって面接練習をすることもあったのですが、 実際に面接官の

立場で練習してみないと気づけないことも多く、気づ くことが出来たのでとても良い経験に

なったと思っています。


個別指導ではお忙しい中志望動機についてアドバイスを頂いたり、面接において重要視

されるポイントなどを教えて頂いたりしました 。

私は市役所の志望動機が決まらず困っている時も個別指導をして頂いたのですが、それ

までは漠然としていてまとまっていなかった志望動機もアドバイスを頂く事でやりたいことが

明確化していき、面接で自分のやりたいことをしっかりと伝えることができました。


こんな私が本命である国家公務員の他、市役所などにも合格することが出来たのは偏に

札幌公務員受験学院の先生方、そして学院生の方々のお陰だと思っています。

約1年間、本当にありがとうございました。



採用内定先 恵庭市 消防吏員
氏名 R.Sくん
出身校・学年 北海道体育専門学校卒業
講座 札幌市・国家一般職高卒・税務・道職員B・道警B等 併願コース プレ講座+全日クラス

私は専門学校を卒業後、一度は民間の企業に就職したものの、ふとしたきっかけで

消防官を目指すことを決め、前職を退職しました。 

元々勉強をする習慣の無かった私にとって、アルバイトをしながら独学で合格を目指す

ことはとても厳しいことでした。そこで予備校を探すで出会ったのが、札幌公務員受験

学院でした。

この学院に決めた理由は「少人数制」で一人一人しっかりと向き合っていただけると感

じたからです。そして何より、受験に対して何の知識も無く不安になっていた私に「大丈

夫です。一緒に張りましょう!」 という言葉をかけてくださったことが、この学校なら最後

まで諦めないで頑張れると感じました。


とは言ったものの入校して数ヵ月は何の教科を優先すればよいのか、得意と苦手な教科

の差がありすぎるなど、最悪なスタートだったのを覚えています。

数的推理に関しては問題を見るのもイヤなくらい苦手だっただめ「もう他の教科でカバー

しよう」という気持ちも少なからずありましたが、佐藤先生の親切熱心でわかりやすい

ご指導のお陰もあり本番では全て解くことができました。


更に苦手意識があった面接に関しても、何もかも完璧にスラスラ答えようとする事を目指

していた私に、「格好いい言葉で自分を作らなくてもいいから、持ち前の明るさで元気に

いきなさい」などパワフルなご指導のお陰で、自分にあった練習方法を見つけることが

できました。結果的に、本番の面接試験では練習以上の力を発揮することができました。


学院で過ごす中では、同じクラスのメンバーが必死に勉強している姿を見て自分への

刺激に繋がりましたし、寺林さんや能正先生の優しさに何度も救われました。

この学院に決めて本当に良かったです。


最後に、公務員試験の勉強をしている中で思うような結果が出ない、毎日の勉強が辛く

なってくる、などという状況も起きてしまうかもしれませんが、最後の最後まで絶対に諦め

ないでください。 これから受験する皆さんの合格を願っています。

堤先生、高橋先生、佐藤先生、能正先生、寺林さん、言葉では言い表せない程、感謝の

気持ちでいっぱいです!! 本当にありがとうございました!!!


採用内定先 札幌市高校の部 一般事務
他合格先 税務職員 最終合格
氏名 Y.T くん
出身校・学年 札幌山の手高校 卒業
講座 札幌市・国家一般職高卒・道職員B・警官B併願コース プレ講座+全日クラス

私は高校を卒業してから全日クラスに在籍し、無事合格することが出来ました。

「高校生の頃は公務員試験を受けたけどダメだった、それでも公務員に成りたい!」

という方は少なからずいると思います。

私もそのような思いで札幌公務員受験学院に入校しました。
 
この学院を選んだ主な理由は2つあります。

 

1つ目は少人数制というところです。 

私は高校生の頃に大手予備校の無料講習や学校案内に参加したこともありました。

けれど、予備校に通う生徒数が多ければ多いほど講師と生徒の距離が遠くなると思い

一人一人の生徒に親身になって教えてもらえる少人数制の指導体制に魅力を感じました。

また、多くの生徒が集まれば集団の中でなんとなく勉強してしまい、周りに流され自分を

見失ってしまうのではないかとも考えたからです。

 

2つ目は相談で訪問した際の対応の良さとその時に頂いた合格体験記集です。

相談会に参加した時、寺林さんがとても詳しく丁寧に説明して下さり、その時に頂いた

体験記集には様々な境遇の人がこの学院で勉強して公務員になるまでがとても鮮明

且つ具体的に書かれており、これを見た時に自分もこの学院で勉強すれば公務員になれ

るという気にさせられました。

またこの合格体験記はその人の自伝に近いものがあり読んでいて面白かったです。


 
学院には高校3年生の11月から入校しました。 それからは高校を卒業する4月上旬まで

毎週1回、夜間に行われるプレ講座に参加しました。 プレ講座では公務員試験の重要

科目である判断推理、数的処理について勉強しました。

この二科目は特に試験でたくさん出題されるのですが高校では習わないような科目なの

で、早くから勉強することができるプレ講座に参加して本当に良かったと思っています。


4月からは全日制の講座を受けました。

どの先生方もとても熱心に教鞭をとって下さり、試験に直接関係ないちょっとした雑学も

教えていただき、とても面白かったです。

そして毎週のように行われる校内模試と、直前期は毎日の直前模試を解くことで、自分が

今どの位の達成率なのかが明白にわかります。

しかし、模試はあくまで模試なので点数があまり良くない時もあると思いますが、本番で

合格点を取れば良いので落ち込むことなく復習をしっかりとやることが大切だと思います。

二次試験の面接対策も面接カードの内容の添削から自己分析のアドバイス、模擬面接

までしっかりとご指導して下さいました。

 

勉強する際にアドバイス出来ることはきちんと計画を練ることです。

私の場合は1ヶ月、1週間ごとの計画を作成して勉強しました。はじめは1日ごとの計画を

作成していたのですが、あまり細かくすると計画通りにできなかった時に焦りが生まれ、精

的によろしくないからです。そして学院のテキストを何回も繰り返すことです。

ですが繰り返してやる際に一回目から完璧に覚えようとはせずにわからないことは流すこ

とも大事です。 はじめのうちはわからないことには時間をかけすぎずになんとなく目を通

すだけで大丈夫です。

 

もうひとつのアドバイスは勉強しない日を週に1回は作り、きっちりと息抜きをすることです。

公務員試験は長い期間勉強することになると思いますのでモチベーションの維持には気

持ちのリフレッシュは欠かせません。

面接に関しては高校区分ではあまり難しいことは聞かれないので、笑顔とハキハキとした

受け答えが最重要だと思います。その為には初対面の人と積極的にコミュニケーションを

取り、対人能力を高めるのが1番だと思います。

 

私が札幌市から内定を戴けたのは多くの方々の支えがあったからだと改めて実感してい

ます。 普段の生活を支えてくれた両親はもちろん、高校時代の先生にも面接のネタとして

の部活動資料をもらうなどしてお世話になりました。

そして何よりも入校から内定先に関することまで相談を受けて下さったり日々の勉強の

スランプの時も励ましてくださった、寺林さん。

入校してすぐに私が抱いていた不安や授業の質問について詳しく答えて下さり、面接カー

ドの内容も一緒に考え、面接前日まで遅くまで何度も面接練習をして下さった佐藤先生。

そして公務員試験の勉強だけでなく社会人として大人として生きていく上で大切な事を教

えて頂き、私が落ち込んでいた時もわざわざ屋上まで来て話を聞いて下さったり、オススメ

の本を貸して下さったり、最終面接の前日には札幌市が主催するワークショップに連れっ

て行って下さり、市職員の方や初対面の方とコミュニケーションをとる機会与えて下さった

堤先生。 本当にこの学院方々にはお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

 

最後になりますが、公務員を目指しこれを読んでくださっている方は無料の公開授業や

相談会がありますので、ぜひ一度札幌公務員受験学院に足を運んでみることをお勧め

します。 絶対に損ではないと断言できます。

皆様本当にありがとうございました。

 

 

採用内定先 札幌市高校の部 一般事務
氏名 M.S さん
出身校・学年 札幌丘珠高校卒
講座 札幌市・道初級・国家一般職・警官B 併願コース 全日クラス

私は、ここ「札幌公務員受験学院」で勉強できて本当に良かったと思っています。

合格のためのマニュアルではなく、人を育て、その人自身の個性を大事にしてくれところが、学院の凄いところです。

勉強面では、こんなところまで必要なの?と思う程、基礎からのカリキュラム。無駄なのではないだろうか?と思うこともありました。ですが、その勉強量が自信へと繋がり、安定した記憶力が身につきました。
 
勉強するにあたって、
 
・模試の復習は完璧にする
・得意科目で点数を伸ばし、苦手科目では半分取る
・捨て科目を作らない
 
この3つを大事にしました。
本試験でも模試とほぼ同じ問題がいくつか出題されました。勉強は孤独な自分との闘いですが、学院のカリキュラムをこなせば大丈夫です。自信を持って下さい!
 
面接練習では何度も泣き、沢山悩みました。面接は、どのくらい自分と本気で向き合ったかどうかが問われる場所だと思います。
 
面接官の方との心の距離を縮めるためには、ありのままの自分で応えることが必要です。背伸びをせず、飾らないことの難しさに気付かされました。自分の弱点を認めた上で口にすることはとても苦しいことだと思います。
 
そこで、
 
・面接官役をやる
・周りの方と沢山話す
・今までの自分の人生を振り返って紙にまとめる
 
この3つが面接練習でのおすすめです。
 
辛い日が続くと思いますが、根気強く自分と向き合い続けて下さい。そうすれば、おのずと『本当の志望動機』が見えてくると思います。
更に、堤先生を乗り越えれば、怖いもの無しです。

最後になりますが、堤先生をはじめとした先生方、寺林さん、本当にお世話になりました。私をお客さんとして扱わずに、本気で向き合ってくれたことに感謝しています。
 
また、面接練習で力になっていただいた学院の諸先輩方、クラスの方、友人、家族の支えがあってこその今回の合格だと思っています。皆さん、本当に本当にありがとうございました。
 
今度は私が、恩返しをさせていただけたらと思います。
 
それでは、これから試験に挑む皆さんの明るい未来を願っています。
採用内定先 札幌市高校の部 一般事務
氏名 N.O さん
出身校・学年 札幌白石高校卒
講座 札幌市・北海道職員B・国家一般職・警官B等 併願コース 全日クラス

私は高校3年生の時から公務員試験を受けており、3回目の今年、やっと合格

することができました。 1回目の受験後に独学では難しいなと感じたので

予備校に通うことを決めました。

私は昔から塾や予備校というものに息苦しいイメージがあり、抵抗があったの

ですが、学院はとてもアットホームな雰囲気です。

また、少人数制なので先生方が一人一人としっかり向き合ってくれているのを

感じました。堤先生や佐藤先生はもちろん、寺林さんにはいつも相談に乗って

いただきました。私は諸事情により体調が良くない時期や落ち込みやすい時期が

多かったのですが、いつも優しく励ましていただき本当に感謝しています。

 

体調等が安定しない私にとって、毎日必ず〇問解くなど、自分なりの決め事を

作る勉強法は向いていませんでした。最初の頃は実行できていたのですが、

一回できないとやる気がなくなり、自分で決めたルールも実行できない自分に

へこんだりしていました。 そこで自分の決め事をやめて、他の学院生の方に

勉強法を色々と聞いて実際に試してみました。 ところが、今でも自分の勉強法は

分かりません。 それでも全教科をできるだけ満遍なく解けるようになることを

目標にしていたので、それが良かったのではないかと思います。

私は単位制の高校出身で苦手な理数系は必修以外選択しないできたため、

自然科学の分野に関しては悲惨な状況でした。

しかし、佐藤先生の「自然科学分野の出題は、勉強したことがない人が見たら

全くわからないけれど、基礎だけでもやった人は意外と解ける」という言葉で、

勉強してみると私でも解ける問題が多いことに気づき、やってみるものだなと

思いました。 1、2問しか出ない数学は捨てましたが、他の教科は意外と出題が

多かったので自然科学を捨てようと考えている方は、生物、化学、生物、地学の

どれかひとつでも味方の科目につけることをおすすめします。

 

面接に関しては、とにかく自分と向き合うのが辛かったです。 

それでも他の学院生の方や先生方にたくさん相談して自分がアピールしたいことを

固めていきました。 

堤先生に、「素の自分をだすこと」、言い方は毎回違っても「言いたいことはブレない

こと」を教わり、何度も指導していただいたお蔭で自信をもって本番に臨めました。

全体練習に参加することや他の学院生の方にも練習に付き合っていただき、

話すことに慣れるのが一番大事だと思います。

 

学院に通っている方は、それぞれ年齢や経歴が全く違いますが、自分とは違う

経験をされた先輩たちのお話を聞くことができ、とても刺激を受けました。

たくさんの人と交流して、人間的にも成長できるこの学院で学ぶことができて、

本当に良かったです。 ありがとうございました。

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10