常勤講師による指導
ホーム > はじめての方へ > 常勤講師による指導

常勤講師による指導

常勤のベテラン講師による指導

すぐれた運動選手に名コーチがいるように、本学では常勤の講師がつきっきりで指導いたします。
「公務員試験はそれほど甘くない!」と思ってください。合格するにはそれなりの努力とノウハウが必要です。

堤講師顔写真

学院長からのメッセージ

堤 泰一。本学院、学院長。大学院修了後、学校法人勤務を経て1997年本学院設立。「大手校で公務員受験指導を担当して以来20年以上、この仕事をして来ました。公務員試験は範囲が広いと言われますが、教養、専門ともに広い視野を持って真に国民の奉仕者たらんとする者には必要なことばかりです。広いから浅いのではありません。広いからこそ深まるのです。公務員試験の勉強を通じて人間的にも成長してほしい。そんな想いで教壇に立っています」。

  高橋講師顔写真

副学院長からのメッセージ

髙橋 幸一。元裁判官。札幌消費者協会会長。長年に渡り裁判所内部で後進育成の為、勉強会「髙橋塾」主催。最高裁人事局ほか国Ⅰ~Ⅲで採用担当も経験。本学では法律の他、論作文、面接指導を担当。『面接にも正解がある!』が信条です。これまでの経験を皆さんに役立てて戴けるよう、惜しみない指導をお約束します。

事務局マネージャー顔写真

事務局からのメッセージ

寺林 里香。本学院、総務・運営担当。大学卒業後、大手資格予備校勤務を経て十数年来、公務員受験生を応援してきました。「公務員になりたい!という熱意を最後まで持ち続けられる学院生の皆さんは必ず合格を果たしています。少人数制の本校では経験豊富な講師陣が学力以外の指導にも重きを置き、一人ひとりに対して最終合格まで責任を持ってサポートいたします。悩みや不安は抱え込まず気兼ねなくご相談下さい。」


専任講師陣

常勤講師の他に、非常勤の講師として専門分野にとても知識が豊富な講師を選抜しております。

丹野講師からのメッセージ

丹野 優。経済系、数的処理、自然科学を担当。理系学部から経済学を修め、福祉事業に従事してきた異色の経歴。北海道庁参与機関で経済分析技師、社会福祉法人の理事を経て、文系から理系にまたがる幅広い知見と、福祉の現場で培った支援力を本学院でいかんなく発揮。「学科指導はもとより、受験生活でのメンタル支援から面接指導まで、学院生一人ひとりのパフォーマンスを最大限に引き上げます。」

石山講師からのメッセージ

石山広尚。大学院では経済思想と社会学を学ぶ。本校では行政系科目を担当。政治学はわたしたちが集団生活を営む過程でうまれてきた、とても人間くさい学問です。政治学という「レンズ」を得れば、世の中を見る目が変わってくるはずです。つまり試験勉強をすれば教養が同時に身につくというわけなのです!「なぜだろう」「不思議だな」という気持ちさえあれば勉強はすべて楽しくなります!

抜群の合格率を誇ります 入校面談をします・少人数制です 常勤講師による指導